円舞獰乱はクリアが難しいにも関わらず、特別な報酬や素材が得られるわけでもないため、敬遠されがちなクエストです。その一方で、難しさが理解されず、無謀な挑戦が繰り返されてもいます。攻略法は以前にも一度書いていますが、「けむり玉金レイア先」の手法を、今一度、丁寧に説明してみたいと思います。

どんなクエストか

塔の秘境で獰猛化リオレウス希少種、獰猛化リオレイア希少種を討伐するクエストです。BCには支給品箱はありますが、ベッドはないので休息で体力回復は出来ません。BCを降りると塔の秘境が広がり、左右に一段高い壇があります。

レウスとレイアはすれ違うように歩いていて、降りるタイミングで片方だけに気付いてもらうことができますが、間が悪いと両方に気付かれてしまいます。また、どのようなタイミングでも、両方に気付かれずに降りることは出来ません。

ハンターが強ければ、ソロでけむり玉無しのクリアも可能ですが、普通はけむり玉無しの場合、4人でもクリアは困難です。レイア、レウスが強いこともありますが、互いに助け合う関係にあり、レウスを攻撃していると、レイアが助けに来ますし、レイアを攻撃していると、レウスが助けに来ます。

「けむり玉金レイア先」を使う意味

「けむり玉金レイア先」は、けむり玉を継続して使い、レウスに気付かれずレイアを倒し、けむりが消えたらレウスを倒す手法です。けむり玉を使わずにクリアも可能ですが、レイア、レウスとも大変な攻撃力で、隠れる場所もなく、一度試せば、いかに困難か理解できると思います。

「けむり玉銀レウス先」も可能ですが、けむりの中で閃光玉は効果がなく、飛び回るレウスを閃光玉なしで討伐するのは簡単ではありません。逆に、走り回るレイアは罠が使えるため、けむりの中での討伐はレウスより容易です。そこで「けむり玉金レイア先」を使うわけです。

装備

物理攻撃も強力ですが、いずれもブレスが強力な火属性、レイアはサマーソルトの尾が、レウスは毒爪キックがいずれも毒を持った龍属性攻撃です。これに対応する剣士に向いた一式防具が王者で、毒スキルが付けられればさらに強力です。また、黒炎王に龍耐性【小】を付けると龍耐性0で、高級耳栓と風圧【大】無効もあり、これも推奨される一式装備です。

攻撃は雷属性が有効です。

ガンナーは一撃で乙される可能性があるので、防御を固めるよりも、回避に特化したほうが賢明かもしれません。

アイテム

少なくとも1人がけむり玉を10個持ち込むことが必要です。一般的なアイテムのほか、全メンバーが罠、閃光玉、生命の粉塵を素材ごと持ち込むと、成功率が上がります。

非常に乙しやすいので、もどり玉も奨められます。

拘束されることがありますが、案外に失う体力は少ないので、こやし玉を使わず、拘束されたままで別のメンバーに攻撃してもらったほうが良いかも知れません。

以下に私が持ち込むアイテムを列記します。

調合書1~3
回復薬グレート
秘薬
栄養剤グレート
マンドラゴラ
元気ドリンコ

生命の粉塵
生命の粉
竜の爪
解毒剤
力の護符
力の爪
守りの爪
砥石

閃光玉
素材玉
光蟲
けむり玉
トラップツール
ネット
落とし穴
シビレ罠

力の護符、力の爪、守りの爪などを置いてゆけば、さらにけむり玉の数を増やせますが、しっかりとレイアを攻撃できれば、通常は10個(9分)以内で討伐が可能です。

タイマー

けむり玉でけむりを維持します。けむり玉の有効時間は1分。けむりを絶やさないよう、タイマーを使うことをお奨めします。目覚まし時計を横に置いて使うこともできますが、テオ・テスカトルのノヴァを避けるためのテオタイマーを55秒に設定して使うと簡単です。けむりが切れてレウスが参戦してくることが多いので、タイマーは是非用意したほうが良いです。

攻略

クエスト開始後、BCに到着したらBC出発口で待機、18秒で降り、即座にけむり玉を投げ、全員で左の壇上に上がります。すぐにレイアが気付き、ハンターに襲い掛かりますので、それを避けながら罠を仕掛けます。この際、可能なら全員で罠を仕掛けて構いません。また、罠を仕掛けたら、次に使う罠を調合しておきます。罠にかかったら、次の罠を仕掛けます。壇下に下りることは極力避けます。レウスに気付かれてしまいます。全員が壇上にいれば、レウスは気付かず、レイアも必ず壇上に戻ってきます。

けむり役は55秒ごとけむり玉を投げ、必要なら生命の粉塵を使ってメンバーの体力維持を行います。特に、ブレスとサマーソルトの後は、メンバーの体力バーを必ず見るようにします。けむり役に体力維持を任せると、粉塵が無駄に使われることを避けることが出来ます。けむり役は罠設置と調合、生命の粉塵の使用と調合、けむり維持で案外に忙しいので、あまり攻撃に関われないかもしれません。

けむり役以外は、意欲的に攻撃を行います。罠に落ちるのを待ってはいけません。むしろ、3人でレイアを討伐する覚悟が必要です。その意味では、獰猛金銀を単独で相手して、困難を感じるハンターは円舞獰乱のクエストに参加するのは早すぎると考えたほうが良いでしょう。

サマーソルトには最大の注意を払います。連続サマーソルトもよくあるので、連続攻撃は避け、攻撃と離脱を繰り返すのが賢明かもしれません。逆に、連続ブレスは攻撃のチャンスです。

レイア討伐で罠を使い切るつもりで罠を仕掛けたほうが良いです。張ったまま残った罠は、レウスが後で落ちてくれます。4人で罠を順次仕掛け、壇上に常時4つの罠が並ぶようにします。レイアが走り始めてすぐに張ると、張っている際に攻撃されるのを防ぐことができます。

けむり役がけむり玉を10個使いきったら、チャイムを使って引継ぎを行うこともできます。あるいは、けむり役がレウスに張り付き、閃光玉で足止めする手もあります。

けむりが消えてもレイアが元気で、レウスが気付いても、絶対に諦めてはいけません。けむり役はレウスを閃光玉で足止めし、残り3人はレイア討伐を試みます。けむりがなければ、レイアにも閃光玉は有効です。けむり玉を使いきった状況なら、すでにレイアは相応に体力を失っているはずです。

レイアを倒したら、レウス討伐です。剥ぎ取りよりも、レウスと戦う準備を優先します。閃光玉が非常に効果的です。素材とともに持ち込めば、1人15個。4人で60個の使用が可能です。飛んでいても、地上にいても有効です。無理して飛行中を狙わず、当たると思ったら使いましょう。

特に注意するのは毒爪キックです。上空で静止したら要注意。ダッシュし、駄目そうなら回転回避か緊急回避を行います。ガンナー、龍耐性が極度に低い場合は剣士も一撃で乙です。毒状態になるので、少々体力が残っていても、すぐに乙です。毒爪キックが行われたら、他にハンターは体力バーを確認、生命の粉塵を使いましょう。

狩が順当に運べば、10~15分で金銀の討伐が可能です。昨日の記録は13分52秒11でした。

最後に、BCに残る以外、寄生は困難です。塔の秘境に逃げ場はありません。寄生しなければHRをあげられないような人は、あっさり3乙して、クエストは失敗してしまいます。寄生はもっと簡単なクエストでしましょう。

読んで良いと思ったら下をクリックしてください。

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ